まなみのりさ(Perfumeの妹分)まなみ、みのり、りさ

アイドル考察ブログ「Idolics」blog

おすすめのアイドルは紹介していきたい

このブログはいかにも辛口なことや苦言を言う感じのようですが、実はトップページにも書いてあるようにアイドルに興味を持ち始めた初心者向けに書いているようなところもあります。少しでも興味を持ってもらわないと日本の「アイドル文化」が衰退してしまいますしね。ガッツリアイドルの応援活動をしている人だけではアイドル文化はなかなか成り立たず、とにかくライト層を増やしていく必要があります。教育制度も年金も保険もその他産業でも裾野が広くないと衰退してしまうんです。そういう意味でも微力ながら私が目に付いたアイドルは紹介していきたいと思います。

初回は「まなみのりさ」

まなみのりさ official site
まなみのりさ オフィシャルブログ

あのPerfumeを排出したアクターズスクール広島出身の3人組「まなみのりさ」というユニットです。新人アイドルのように見られがちですが、インディーズデビューは2007年ということでかなりキャリアがあります。

立ち位置は向かって左から谷野愛美さん、真ん中が岡山みのりさん、右が松前吏紗さん。3人の名前が「まなみ」「みのり」「りさ」ということで、繋げて「まなみのりさ」と名付けたそうです。

2007年のデビューから2014年4月までは地元広島で活動して、東京に進出してきました。私は広島に縁もゆかりも無いので正直「ご当地アイドル時代」のまなみのりさはあまり知りませんが、広島に将来有望なユニットがいるということは耳にしていました。広島で知らない人はいない程活躍していたとのことですが、広島の皆様いかがでしょうか?

ご当地アイドルの日本一を決める「U.M.Uアンダー・メジャー・ユニット)アワード2011」というコンテストで優勝しており、ご当地アイドル時代から人気も実力も兼ね備えていたんですね。

アクターズスクール広島出身ということで、なにかとPerfumeと比較されることもありますが、そのパフォーマンスも人柄も楽曲も負けず劣らずで、以前ライブに行きましたがそれはそれは盛り上がっていました。長い活動中にはいろいろと思うところがあったようですが、どうやったらお客さんが喜んでくれるか、どうやったら盛り上がるかを本人たちが常に考えているような印象を受けます。

Perfume同様に広島弁を使い続けています。また3人の笑顔がいいんですよね。特に真ん中のみのりさんは笑顔が可愛い(笑 みのりさんは途中からキャラ付けなのか、金髪ショートカットにしてしまい一般人が見たらでんぱ組の最上もがさんと見間違えそうですが、もがさんの闇を全て取り払ったような天使の笑顔です(もがアンチじゃありません)。黒髪の頃も可愛かったんですけどね。

キャリアも長いし、テレビ朝日の「アイドルお宝くじ」でも勝ち続け、年齢的なことを考慮しても機は熟したという感じでしょうか。

「まなみのりさ」今後の課題は?

東京に活動拠点を移したということは、もっと全国的にメジャーになりたいということでしょうから、もっともっと活躍して知名度を上げないといけないですね。今後の課題はどこにあるのでしょうか。

まずはGoogleで「まなみのりさ」と検索された回数の履歴です。
まなみのりさ
東京進出以降も全然伸びていません。まだまだ認知度も低いし興味を持たれていませんね。

比較対象にしてもしょうがないですが「でんぱ組」の検索履歴です。
でんぱ組の人気
正直凄いです。

肩書きはどうでもいい

気になったのは2012年頃に「脱アイドル、アーティスト宣言」のような発言をしたということで、実際に見たわけじゃないので全部鵜呑みにはしませんが、アイドルの歴史からするとこの発言は完全にNGです(公式サイトのmediaに掲載されています)。これ系の発言はファンが一気に離れますし、その後アイドル時代以上にのし上がった人は皆無ですね。
アーティスト>>>アイドルという考えがどこかにあるのなら心の奥にしまうかいっそ捨ててしまいましょう。かつてPerfumeはテレビ番組の中で、「「Perfumeはアイドル?アーティスト?」と聞かれたときに、「どちらで呼ばれても嬉しいです」と答えていました。そう。どっちでもいいんです。より良いパフォーマンスを目指して、お客さんが喜んでくれて、一般にも広がって売れていけば呼び名なんか気にする必要はありませんよね。

広島に頼るな

次は、「あまり広島を頼らないこと」という感じでしょうか。広島弁をやめましょうとか広島愛を捨てましょうという意味ではありません。今でも広島時代のファンは東京に駆けつけてくれたり、地元に帰るとスター扱いをしてくれるのかもしれません。しかしもう全国区に進出した以上、広島以外のファンも大切にする必要があり、あまりにも広島広島言ってると、所詮ご当地アイドルで広島以外のファンは二番手扱いなんですねとなりかねません。広島時代からのファンも大切にしつつ、新しいファンへの感謝も忘れず接していきましょう。私に言われる筋合いも無いでしょうが。Perfumeもその辺は上手くやってきたように感じました。Perfumeのファンも根強いし裾野も広いですが、広島出身ならあえて「吉川晃司」さんのファン構成を目標にしていきましょう!

※吉川晃司さんのファンはデビュー当時からの根強いファンが多く、同性のファンが多いことでも有名。多少のことではファンをやめることもなく、大ヒット曲は頻繁に生まれにくいにしても、リリースすれば必ず一定数以上の売り上げがありライブも満員になる。私自身が長年のファンなので間違いないです。

Perfumeを追いかけすぎるな

最後は、「Perfumeを追いかけ過ぎないこと」でしょうか。Perfumeの妹分とか言われながら、3人組で広島弁を話した上、もしこれでパフォーマンスも似てきたりしたら所詮二番煎じです。もちろんコアなファンはそんなことは思いませんが、今後ライト層を取り込んでいくことが重要になってくるので、あまりにもPerfumeを追いかけすぎると一般の人は「だったらPerfumeでいいじゃん」となってしまいかねません。Perfumeを目指しながらも、まみりのオリジナル路線を模索するとファン層の裾野が広がっていくように思います(そんなこと言われなくてもやっていますけどねスミマセン)。

あともう一つだけ

課題として3つ挙げましたが、本当はもう一つあります。それは「私たち(まみり)を一番応援してください感が強い」という印象です。もちろんまなみのりさをイチオシ!というファンも多数いますが、実はPerfumeが1番でまみりが2番というファンや、本当は10番ぐらいだけど応援するよというファンもいます。完全に私の印象ですが、過去の発言などを思い返すと、「絶対私たちを1番応援してね」というある種のプレッシャーを感じることがあります。そうなると、実はももクロが1番でまみりは2番というようなファンや、ちょっと好き程度のファンはまみりのライブなどに行くことが「悪」のように感じてしまい、徐々に離れていくことになってしまいます。「気が向いたらライブに遊びに来てね!」「あなたのイチオシになれるように頑張る!」「3番目でもいいから見ててね!」という感じの余裕あるスタンスが取れるようになればグッとファンは引き寄せられます。もう実績も実力も兼ね備えているわけですから、多少余裕を持って構えたらどうでしょうか。

「まなみのりさ」おすすめです!



とにかくここで私がいくら書いても良さは伝わらないと思いますので、少しでも興味を持たれた方はYouTubeでもテレ朝の「アイドルお宝くじ」でも一度見てください。テレビ朝日が放送されない地域の人は、BS朝日で土曜日の深夜にもやっているのでそちらでチェックしてみてください(レギュラーじゃないので負けると翌週から出演しませんが)。毎週月曜日の21時30分からはUSTREAMで生放送(無料)もやっています。素でしゃべる「まみり」もいいですよ。人の良さが伝わってきます。

YouTube「まなみのりさ公式」
USTREAM「まなみのりさっと」(毎週月曜日21時30分から生放送)
まなみのりさ Staff【公式】twitter
まなみ twitter
みのり twitter
りさ twitter

7月4日に都内でライブもあるので是非!
「MMRevolution ~まみりぼりゅーしょん~」

とにかく触れたら触れた分だけ好きになっていきますよ(笑 まみりに触れてしまえば若い男子もオッサンも女子も高齢者も好きになると思います。こうやってオッサンは微力ながらもアイドルの応援活動(布教活動?)を続けていきたいと思います。